バイクのパーツ探すなら? バイクブロスのパーツ・用品通販

2006年10月01日

チャイナの手術20

今日は午後から雨が降りそうだったので
早めにエンジン搭載作業開始。

本日無事にエンジン搭載完了。

という記事を書きたかったが、そうは簡単に行かなかった。

集中してやってたから写真がない。後日追加予定

エンジンを載せるのは全然問題なかった。
この前作ったカラーとスペーサでバッチリ搭載。
しかし、ブローバイのホースつけるの忘れててやり直し。


今度は無事に搭載完了。
キャブの取り付け角度も絶妙に逃げている。
もうちょっと逃がしても良かったか。

だが、コックをONにするとドレンホースからガソリンがポタポタ。
キャブをバラシて組み直すも変わらず。

よく見ると空気穴用のホース根元に亀裂が入っている。
ここから空気を吸い込んでオーバフローしてたようだ。
ホースを取り付けなおしたら問題はアッサリ消えた。


次はオイルクーラーの取り付け。
オイルクーラーのあんまり取り付けは考えてなかったので、
現物とあわせながら取付けをした。

何とか取り付けてホースの取り回し。
購入したホースが長すぎたが、今回はこのまま取り付けて
コアの取り付け改善をした時に切断短縮をしよう。

全てを取り付け終わりオイルを注ぐ。
とりあえずオイルクーラーのこと考えて900ccくらい入れる。(通常800cc位)
理想は1リットル缶で足りるくらい。
微妙に足らない時はコアを変更しようかな。

で、エンジンをかけるのにキックペダルをまだ用意してない。
キックペダルのスピンドルを修理しておきながらキックペダルなし仕様。

当然押しがけ。

しかし、全然エンジンかからない。
色々試してみよう。
プラグを新品に換えたり、CDIを変えたり。
結局何をやってもダメ。

体力だけが底をついた。

本日の作業強制終了・・・。


その後考えてみたのだが、プラグをチェックしたときに
黒くもなっていない。ただ湿っているだけって感じ。
多分点火してない。

フライホイールだろうか。
いや、フライホイールしかないだろう。

現在の仕様がジェネレーターは中国製、フライホイールは日本製。
ほぼ同寸だと思い使用をしたが駄目だったのだろうか。

今度フライホイールを替えてみよう。
一回中国製に戻してから様子を見よう。
本当は全部日本製に替えたい。

いったいいつになったらカブに乗れるのだろうか。
ちなみに新マフラーはエンジンの様子を見て取付けを行なう予定。






 こちらのランキングサイトに参加してます 
ランキング
posted by じゃり豆 at 21:06 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | チャイナの手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24730923

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。